top of page

リボンスクエアには女性会員もいます。新入会員の初お見合い同行など。

ハロウィン間近の週末のお見合いは12件でした。

そのうちの1件、日曜日には女性会員・舞子さん(仮称)のお見合デビューがあり、お立ち合いをしてきました。


◆お立会いとは◆

お見合い時に仲人が最初だけ立会って、お引き合わせをすることで、大抵はお席にはつかず退席します。

リボンスクエアでは、お見合デビュー戦は必ずお立会いをしております。


舞子さんは、活動開始から1週間でお見合いが組めました。


因みに、リボンスクエアは男性に特化した結婚相談所ですが、女性会員もたくさんいます。

ただ、webから入会してくる女性会員はいませんで、女性会員は全てご紹介があり、知り合いの知り合い、という女性会員であります。


35歳女性会員・舞子さんの初お見合いのお相手は、リボンスクエアの34歳男性会員でした。

一つ年下男性です。

リボンスクエアの会員同士なので、この度は10分ほどお席に着いて2人の会話のきっかけを作りました。


舞子さん曰く「緊張していて、ずっと貴嶋さんについていて欲しかった。」とのことでしたがそういうわけにもいきません。

10分ほどで退席をしたわけですが…


結果は、ご交際となりました。

開口一番「楽しかったです!」とのこと、年齢が近いと共通の話題も多いのでフィーリングが合う可能性が高いのです。


リボンスクエアでは35歳の女性が複数人活動しています。

この35歳という年齢の女性は、登録者数が一番多い年齢層ですので、お申し込みをしないと

極端な言い方をしますと、居ないも同然。


ですので、まずはたくさんのお申し込みをすることがマストです。


また、35歳女性に求められることは、ストライクゾーンを広げていくことです。


例えばこんなことです。


①自分がいいと思う男性が、自分をいいと思ってくれる

→これ最高ですネ。成婚一直線となります。


②自分がいいと思わない男性で、自分をいいと思ってくれない

→これは分かりやすく、どうしようもない。


③自分がいいと思う男性が、自分をいいと思ってくれない

→このパターンが多い。女性にとって、結婚は絵に描いた餅、夢のまた夢となります。

 タレントに恋をして結婚したいと思うのと同等だと思います。


④自分がいいと思わない男性で、自分をいいと思ってくれる

 →ここを何とか結婚につなげていきたい。


④は女性の考え方次第なのかとも思います。

①が理想ではありますが、なかなか世の中うまくはいかず

多くの女性は④で幸せになっている気もします。


もちろん、好きではない方とは結婚できませんで、生理的に難しい人もダメですし程度の問題ですが、35歳の女性は自身のストライクゾーンを広げていくことこそ、成婚の早道です。


35歳女性は自分を過大評価せず、自分の市場価値を見極め、謙虚にお相手探しをすることが求められます。

そうした謙虚な心の女性に、素敵な王子様が現れると思っています。

婚活に悩んでいる35歳女性はご一考くださいね!何よりご自身の幸せのために。


以上、ハロウィン間近の週末のお見合い12件のうちの1件、日曜日の女性会員・舞子さん(仮称)のお見合デビューについてでした。










閲覧数:36回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page